アニメ「BANANAFISH(バナナフィッシュ)」1話感想

アニメ「BANANAFISH(バナナフィッシュ)」1話の感想です。

全体的な印象として、背景のリアルさとか

BGMの挿入の仕方とか雰囲気があって

とても良かったなと思いました。

映像のクオリティの高さでいえば

今の時代にアニメ化されて本当に良かったなと。

ストーリーは場面がコロコロ変わって

駆け足気味だったけど、

ちゃんと分かりやすくまとまっていたし、

ストーリーを知らない人でも

見やすいんじゃないかなと思いました。

舞台は現代のニューヨークなので

グリフやマックスが出兵した戦争が

何になるのか気になっていましたが、

ベトナム戦争ではなくイラク戦争

という事になっていましたね。

アッシュがスマホ持ってるのは

予告の時から分かっていたけれど

それでも初めて見た時は衝撃的でした(^^;)

ショーターもスマホ持ってるよぉ~

メカ音痴の伊部さんも(笑)。

オーサー一味にさらわれた英二の居場所を

スマホのGPSで調べてましたね。

時代設定が現代だとパソコンとかスマホとかが

当たり前にみんな持ってる&使いこなせるので

80年代に比べるとアッシュのインテリ感は

かすんでしまう気がします。

まだパソコンが普及していなくて

パソコンを使える人がすごいみたいな時代で、

さらにそのパソコンを常人では考えられないくらい

ハイテクに使いこなすアッシュだからこその

インテリ感だと思うので、

そこはやっぱり時代設定が現代なのが

ちょっと残念だなと思う理由の1つです。

アニメのキャラクター設定について

原作のアッシュに比べるとアニメのアッシュはかなり華奢ですね。

顔よりも気になったのはむしろ体型でした。

漫画だともうちょっとガタイが良いというか胸板厚めな印象なので。

でもアッシュの声はいい感じで雰囲気が出てて違和感なく聴けました(^^)

アッシュよりも英二の方が違和感があったかな。

原作に比べるとカワイイ路線に走ってる感満載で

目も垂れ目で原作からかけ離れた感じ(^^;)

でもカップリング的にはすごく受けそう。

漫画の英二はベビーフェイスだけど

どこか包容力のある感じが好きだったのに、

アニメの英二はただ可愛いだけって印象なので

今後包容力が出てきてくれればいいなと期待♪

イメージしていた英二と違い過ぎて

原作を読んでいる身としてはアニメの英二の

カワイさが気になり過ぎて、そっちに

気を気を取られながら観てしまった1話でしたw

伊部さんもマックスも原作の印象と違ってちょっと違和感。

(まぁずっと観てると慣れてくると思うけど)

個人的に漫画のイメージ通りの顔と声だったのはショーターでした。

髪型とか、髪を紫に染めている所は原作と違うけど、

顔と声は原作のショーターのイメージ通り。

原作よりちょっとイケメン風になってるけど、

キャラクター設定の段階であえて

イケメン要素も入れたみたいですね。

あとディノとかマービンとか敵キャラですが、

こういうどうでもいいキャラの方が

原作とアニメで変わらず違和感なかったなw

オーサーなんて原作よりイケメンよ?なぜ?

スキップは原作よりかわいくていい感じでした(^^♪

キャラ(特に英二)については違和感あるけど

まだ1話だし、バナナフィッシュのキャラたちが

動いているのを見るだけでワクワクするし、

今の時代だからこそのこのクオリティなので

これから最終回までどうやって魅せてくれるのか

楽しみです♪

時代設定とかキャラとかの文句はそこそこにw

とりあえずアニメ・バナナフィッシュを楽しみたいと思います。

バナナフィッシュの最終回が実は2パターン考えられていたというのは連載終了後の吉田秋生先生の雑誌のインタビューで明らかにされています。 バナナフィッシュの最終回、アッシュは死んでしまいますが連載終了後の雑誌記事によると吉田秋生先生は当初、アッシュを死なせるか死なせないかとても悩んだそうです。 アッシュのモデルであるリヴァー・フェニックスがバナナフィッシュ連載中に亡くなった事も影響し、アッシュを死なせる事にもためらいがあったようです。
アニメ「BANANAFISH(バナナフィッシュ)」2話のネタバレ感想です。OP(オープニング)めっちゃカッコいい!海外の反応動画を観てもらうと分かりますが、海外の人はOPの中盤の部分(オーサー、月龍、ディノが出て来るとこ)の反応が良いんですね。「へ~、海外の人はここに興奮するんだ」ってなんかちょっと意外?でした。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク