バナナフィッシュのアート&スタッフBookの内容を写真付きで紹介!

こんにちは!さやです。

今日はバナナフィッシュのART&STAFF BOOK(アート&スタッフブック)の内容を写真付きで紹介します。

アートブックは受注生産品だったため、現在は販売終了しています。

↓こちらの紙製の袋にイラスト集、スタッフブック、クリアファイルの3点が入っています。

↓これがイラスト集。ちょっと見えにくいですが、このイラスト集のために描き下ろされた林明美さんのアッシュのドアップです。(このアッシュのイラスト全体はこの画集の最後に載っています)

イラスト集は約100ページ。

画集の内容ですが、今まで発売されたグッズの描き下ろしカラーイラストと原画が載っています。

※●グッズ用描き下ろしイラスト・・・カレンダー、タワレコ、雑誌表紙、カフェバー等

林明美さんの描き下ろしのアッシュと英二のイラストが最後に1ページ載っていますが、その他はバナナフィッシュのファンであれば公式サイトやツイッターなどで見かけた事のあるイラストがほとんどだと思います。

ちなみに最後のページの描き下ろしイラストですが、アッシュと英二がそれぞれ花束を持ってカメラ目線で笑顔を向けているイラストです。

↓こちらがクリアファイル。各キャラがパロディ風に描かれています。

アッシュ、英二、ブランカ、シン、ショーター、オーサー、マックスなど主要キャラの面々がそろっています。(こんな世界線だったら平和だったのにねぇ・・)

スタッフブックの中身のイラスト詳細

↓そしてこちらがスタッフブック。ページ数は約50ページ。

おそらくバナナフィッシュファンの方々が

一番見たいのがこのスタッフブックじゃないでしょうか。

アニメスタッフたちが各々描き下ろしたイラストとともに

バナナフィッシュへのコメントが一言二言描かれています。

(↓こちらにイラスト集とスタッフブックの内容が少し掲載されています)

↑ちなみに私は一番左下のマックスと伊部さんがアッシュと英二の写った写真を愛おしそうにしみじみと見つめているメインアニメーターの久木晃嗣さんのイラストにぐっときました。。

場所はバーかどこかでしょうか?

マックスと伊部さん2人の後ろのテレビモニターに「New Year 2020!!」とテロップが出ていますが、アニメが終わったのが2018年なので最終回後の設定で描かれた感じですね。

写真を見つめる2人の顔がとても穏やかで、その表情がまだ死後間もない死者(アッシュ)を見つめる顔には見えないので、きっとアッシュは生きていているんだろう、と思わせてくれるようなイラストです。

スタッフブックの冒頭はいきなり林明美さんが描き下ろしたメインキャラたちのチクビ祭りなイラストになっているので開いた瞬間おったまげます。

アッシュ、英二、ショーター、ブランカのチクビがはっきりくっきり描かれていますヨ。

ちなみに内海監督いわく「アッシュの乳首に色が付いたら絶対ピンク(林先生も激しく同意)」だそうでw

監督が乳首に色が付いたらそちらが気になってしまうという理由でアニメでは乳首なしになったそうですが・・・。(ちなみに私はアニメ観ている時にそもそも乳首が描かれていたかどうかすら意識していなかった)

次のページには内海監督が描いたアッシュ(乳首あり)も載っています。

その次が総作画監督の山田歩さんが描いたショーター。(パンツちら見せ)

アートブックが発売される前にこのチラ見せの部分のドアップがツイッター上で公開され、「どのキャラのだ?!」って当時はファンの間でちょっとした話題になっていました。

主にアッシュと英二のイラストが多いですが、ユエルンやブランカなどを描かれているスタッフさんもいます。

あと作画監督の関みなみさんの

アッシュの生存IFイラストもありました。

(アッシュが日本へ来て英二と一緒にはんてんを着て動物スリッパを履いている)

【関みなみさんのコメント▼】

ifの世界。

英二の実家に遊びに来ているアッシュ。

奥村家の半纏(はんてん)やスリッパなんかを借りて滞在しているのではないでしょうか・・・。

バナナフィッシュの最終回後の

「もしも」が垣間見れて

ちょっと幸せな気分になれました。

バナナフィッシュ復刻版BOX漫画全巻セットの内容(ポストカード、番外編、英二の写真集ニューヨークセンス等)を写真付きで詳しく紹介します。文庫版と復刻版の違いも解説しています。
マックスロボの手記の巻数ごとの詳しい内容詳細と、本編では語られていないキャラクターたち(英二、シン、ケイン、月龍等)のその後、アッシュのお墓の場所などを紹介します。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク