バナナフィッシュ6話(ケープコッド編)感想と原作比較

バナナフィッシュのイラスト集復刻版「ANGEL EYES」を購入しました。

今回の6話のケープコッド編のアッシュと英二の原作にはないオリジナルストーリーが数ページ載っていてイラストよりそっち目的で買ったんですが、

「ぼくらが男の子でいられた、最後の夏」

という言葉が切なくて切なくて・・・。

これから2人には辛い運命が待ち受けている訳だし、ほんと考えてみれば2人で男の子らしく過ごせた日々はこのケープコッドまでだったんだなぁとしんみりします。

アニメバナナフィッシュ6話のケープコッド編、景色がすごく綺麗でしたね。

青空、夕日、夜、そしてロサンゼルスの夜景。

6話すごくよかったんですが所々セリフが削ってあるのが分かるので初見は駆け足に感じてしまって、2回、3回と繰り返し見直してようやくエピソードの進行スピードが普通になるように感じるというか。

そういう点で言えば原作を読まずにアニメから観た人の方が初見の感動は大きかったんじゃないかと思います。

でも必要なセリフはちゃんと残してあったし、今回6話は余計なセリフが削られただけだったので脚本はすごくよかったなぁと思いました。

アニメ「バナナフィッシュ」6話の原作にはないシーン

原作にはないシーンが追加されていました。

〇アッシュがグリフィンと写っている写真を見て切ない表情をするところ

〇アッシュ、英二、ショーターの3人がサンドイッチを食べながらテーブルで談笑する場面

〇英二の棒高跳びのシーン(伊部さんの回想の部分で)

このシーンの追加すごくいいなと思いました。

英二がネズミにびっくりするシーンはアニメではてっきり省略されるとばかり思っていました(笑)

でも今回6話はストーリー的にすごく重たいので、あの英二とネズミの1シーンがあるのがアクセントになった感じがしました。(英二がショーターに抱き着くのが原作より女の子っぽかったのはちょっと嫌w)

予告のショーター、アッシュ、英二のニワトリのシーンは原作にありましたがアニメではカットされました。(まあ現代であれをするのもね・・・)

原作ではマックスが予告の英二のセリフを言っているんですけどね。

カットされたシーンを予告で入れてくれるのは嬉しいのでこれからの予告もカットされたシーンを入れてほしいな。

しっかしほんとにどんどん人が死んでいくなぁ。漫画と違ってアニメにすると人が死んでいくのがリアルに思えるので結構しんどい。

なんかジェニファの声が高すぎて違和感がありました。

いくら可愛らしい風貌だからと言ってもアッシュの父親の嫁なんだからそれなりに年くってるだろうし、もうちょっと落ち着いた声が良かったなぁと。

spoon.2Di vol.40 アニメ「バナナフィッシュ」の制作裏話が読みた...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク