バナナフィッシュ9話、ショーターが天使(女神)を見つめた理由は?

バナナフィッシュ9話の予告がアップされたので見たんですが、もう予告だけで泣きそうなのに本編見て私は正気を保てるんだろうか・・・。

今までふざけた掛け合いの予告だったけど、「9話はどうなるんだろう?」ってずっと思ってたんですが、さすがに9話はおふざけの掛け合いではありませんでした。それが余計重い。

バナナフィッシュの放映は夜中でリアタイできないのでいつも朝早めに起きて仕事に行く前に観てるんですが、仕事に行く前からテンションがた落ちしそうだなコレ。

9話予告、シン(シン・スウ・リン)が出てきました。原作通りのシンの顔でカッコいい、嬉しいな、嬉しいよ・・・でもそれどころじゃない(ショーター・・・)。

ところで「ワルツは私と」という題名、英語は「save me the waltz」という小説みたいなんですが、この小説の題名が選ばれた意味がイマイチよく分かりません。

小説について調べてみたんですが、日本語での情報が少なくてよく分かりませんでした。

この小説は精神障害を患った作者が書いている自叙伝的な物語のようなんですが、精神を患っていたため支離滅裂な所があるストーリーのようです。

この辺りがバナナフィッシュを投与されたショーターとかけられているのかなぁと思ったりしたんですが、なんでバナナフィッシュの製作スタッフがこの小説の題名をこの9話に選んだのか、意図が分かりません。

バナナフィッシュの題名の裏話についてもいつか雑誌とかで話してもらえると嬉しいんですが。

アニメバナナフィッシュ9話の感想

9話を観て「ワルツ」の意味がちょっと分かりました。

英二とショーターの戦いのシーン(動き)をワルツに例えてたんですね、多分・・・。

英二とショーターが戦っているシーンのBGMで淡々と流れる静かな旋律のワルツが余計もの悲しかったです。

アニメのショーターはビジュアルも動き(アクション)も声もすべてが原作を超えたな~と感じたキャラです。

原作を知っているので身構えて観ましたが、それでもショーターがアッシュに撃たれてしまうシーンは辛くて、ショーターの苦しむシーンではドクンドクンとずっと動悸がしていて、9話を視聴し終えた後は息が苦しくなりました。

ショーター役の声優さんの古川さんの鬼気迫る演技に本当に胸を打たれました。

9話のアフレコ現場、きっと凄かったでしょうね。

ところで9話のアッシュの髪型、原作のアッシュにかなり近くてめちゃくちゃ私好みでした。

これだけは絶対に言える、

アッシュは耳を出した方が絶対カッコいい!

スタッフさん、どうか10話以降も整髪したアッシュでお願いしますw

アニメ9話の作画は1~3話の頃のクオリティに戻っていましたね。(というか1~3話以上のクオリティだったと思う)

そしてシンがついに登場~!14歳の少年らしいあどけなさの残る、でも鋭い感じの声で良かったです。

シンもショーターと同じく原作超えしてくれるかな。

アニメ9話と原作の比較

ショーターがゴルツィネ邸で英二から引き離されてしまうシーンですが、その時に原作ではショーターとオーサーが会話しています。

オーサー「ヤツはもうチャイナタウンの手におちた。なにしろこっちにはお前とこのガキと人質が2人もいるからな」

ショーター「卑怯者め!」

オーサー「卑怯?」「卑怯はいったいどっちなんだ・・・こうなったのもお前がヤツを裏切ったからだろう?」

「おまえがどの面さげてヤツと会うつもりなのか俺は楽しみにしてるんだ」

「ヤツがどんなツラをするのかもな」

というオーサーヘイトが加速するようなオーサーの嫌味ったらしいセリフがありました。

アッシュたちが正装してディナーを食べる場面ですが、原作ではあのシーンに入る前にとっ捕まったアッシュがゴルツィネの部下に

「パパディノがおまえをディナーに招待したいとおっしゃっている」

「そのうすぎたないなりではほかの客が迷惑をする」

「ヘア・デザイナー スタイリスト すべて一流を呼んである」

「人質のためにもせいぜいきれいになる事だな」

というセリフがあります。

それに対してアッシュは

「何を考えてるんだあのじじいは。また何かつまらない遊びを考えたって訳か?」

「わかったよ、じじいの茶番に付き合ってやりゃあいいんだろう」

と言い返すシーンがありました。

このシーンがカットされて唐突にディナーのシーンになったので、原作未読組の人にはちょっと違和感があったと思います。

バナナフィッシュを投与されたショーターですが、アッシュの前に姿を現した時アニメでは上半身裸でサングラスも外していましたが、原作ではシャツを着ていてサングラスもしていました。

でもサングラスをしているとバナナフィッシュを投与されたショーターの苦しい表情が分かりにくいし、アッシュに撃たれた時の衝撃もシャツが邪魔してしまうと分かりにくいと思うので、この辺りはアニメで改変されて良かったなと思います。

あと、ショーターがアッシュに

「俺を解放してくれ・・・苦しい・・・」

というアニメのシーンは、原作では

「俺を・・・殺してくれ・・・」

と冒頭にもう一言セリフがありました。

アッシュがショーターを撃つ瞬間、原作ではあっさりと1コマでバン!!っと撃ってしまうんですが、アニメでは一瞬アッシュの苦悩の表情の「タメ(間)」がありました。

絶命し、連れていかれるショーターの名前を叫びながらアッシュが震えて泣くシーンも原作より悲しくて切なくなりました。

原作を読んでいない人はショーターがアッシュに呼ばれた時天使(女神)のレリーフを見つめてなぜ一瞬正気を取り戻したのか分からなかったと思いますが、これはバナナフィッシュの番外編の「エンジェルアイズ」というアッシュとショーターの少年院時代の出会いを描いたストーリーのモチーフが使われています。

アッシュとショーターの出会いはアッシュが14歳の時。

オーサーにはめられ、少年院に送られたアッシュはそこでショーターに出会います。

そこでショーターはアッシュの顔が誰かに似ていると思いますがなかなか思い出せません。

やっと思い出したのは、ショーターが姉からもらったクリスマスカードに描かれてあった天使でした。

ショーターはこれを夜な夜な「おかず」にしていたそうな(笑)

それを聞いたアッシュはショーターが出所する時、こっそりとショーターからそのクリスマスカードをとります。

これ以上おかずにされちゃたまらないからな、と茶目っ気たっぷりに笑うアッシュ。

そんな2人の心温まるストーリーです。

ショーターにとって天使=アッシュなので、アッシュに「ショーター!!!」と呼ばれた瞬間、目の前の天使のレリーフを見てアッシュを思い出し、一瞬正気を取り戻してアッシュの元へ歩いて行った、という事です。

10話以降の展開

もしかして1クール目は全13話なんじゃないかな。(違う?)

だってあと4週(9月)ある訳だから、9月末までが1クールになるのかなと。

そうするとオーサーとの戦いまでギリギリ入ると思います。

次回は多分アッシュが月龍の手助け(手錠のカギをもらう)によってゴルツィネ邸を脱出し、ヘリコプターに乗った月龍がマンハッタンへ戻るアッシュに

「ようこそアッシュ、メジャーリーグ復帰おめでとう」

っていう辺りまでかなと予想しています。

解剖されたショーターを目の当たりにしてしまうアッシュ。溢れ出る涙。

エイブラハムドースンを銃でハチの巣にしてしまいます。

 バナナフィッシュ10話の題名は「バビロンに帰る」。 またまたフィッツジェラルドの短編小説からです。 ここで使わ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク