最新話「25時、赤坂で」4巻(17、18、19、20、21話)ネタバレ~夏野寛子


こんにちわ!さやです。

今日は私がBL作品の中で今一番好きな

「25時、赤坂で」

の感想ネタバレです。

たまたまドラマCDを視聴したんですが、

受けの由岐の声がみゃーちゃん(佐々木と宮野)と同じ斉藤壮馬さんなんですね~!(好き♪)

声めちゃくちゃピッタリ!って感じでした(´ー`)

(ちょっと大人な落ち着いたみゃーちゃんみたいな声)

「25時、赤坂で」は雑誌「onBLUE」にて連載中です。

「25時、赤坂で」4thシーズン

17話、18話、19話、20話

(onBLUE vol.55、56、57、58、59)

のネタバレになりますのでご注意ください。

単行本で言うと4巻に収録予定の内容ですね。

(現在発売されているのは3巻まで)

絵がキレイなのはもちろんですが、

繊細なタッチと清涼感溢れる

静かな雰囲気が好きです。

キャラの身体の曲線美も最高。

攻めの羽山麻水は超人気俳優・モデルで文句なしのイケメン。

普段は優しくてのほほんとした所もあるんですが、甘々な雰囲気とちょっと攻めっぽい所のギャップがたまりません。

受けの白崎由岐は普段はクールだけど

麻水の前では可愛かったり天然だったり

これまたギャップがいい。

全体的に静かで落ち着いた雰囲気の

タッチとストーリーなんですが、

ところどころコメディっぽさもあったり

まじめと面白さのバランスが絶妙なんですよね。

行為シーンはエロいのにいやらしさがなく清々しささえ感じます。

あと個人的に行為の最中に

攻めと受けの会話だったり

独白が挟まれるのが好きなので、

麻水と由岐が抱き合う最中に2人の会話や独白が多めなところもお気に入りです。

「25時、赤坂で」のあらすじ詳細が知りたい方はこちらの記事もどうぞ♪↓↓↓

最新刊「25時、赤坂で」4巻あらすじネタバレ

(1~3巻のあらすじ記事もあります)

「25時、赤坂で」17話(onBLUEvol.55)あらすじネタバレ

(17話あらすじ)

大学時代の映研の同期の結婚式に出席するため地元へ帰省した麻水と由岐。

式の後、麻水は久しぶりに自分の実家へ帰るが・・・

式の最中、2人のボディタッチに「ひっ」と声を上げて喜ぶ腐女子?たちが面白かったですw

人気俳優同士の2人だけあって完全に見世物状態。

結婚式の後、疲れてホテルの部屋でぐったりする麻水と由岐は相変わらずラブラブ。

行為のシーンの描写が相変わらず綺麗で惚れ惚れします(´ー`)

「白崎くんがかわいい」

「かわいくて かわいくて どんどん手放せなくなっていくのが 少し怖い」

と麻水の独白が挟まれていましたが、由岐に対する麻水の独占欲がますます強くなっている模様。

(初の麻水→由岐への攻めフェありました)

過去の事も思い出したり、実家に帰省する前でちょっと感傷的になっている様子の麻水です。

最後は麻水が実家へ帰って母親と再会するシーンで終わりました。

「25時、赤坂で」18話(onBLUEvol.56)あらすじネタバレ

(18話あらすじ)

少年時代、家族でイギリスに住んでいた麻水。

イギリスでの生活は徐々に麻水の母の心を蝕んでいき・・・

18話は麻水の過去回想編でした。

実家に戻った麻水は姉と昔の母の話をします。

麻水って姉と妹の3人きょうだいだったんだね。

しっかり者の姉と天然っぽい妹って感じ。

しかしこれだけ女に囲まれてしかも心の問題を抱えた母とずっと一緒に生活しなければならなかった麻水が女に興味持てるはずないよなぁとなんか妙に納得しました。

まぁゲイなのは先天的なものなんだろうけど、麻水の過去を知って切なくなりました。

麻水が自分の感情を上手く出せないのも、思いっきり笑えないのも

「息子の美しい顔がすべて」

な母の影響がとても大きかったんだなぁと。(自分の息子に「歯を見せて笑うな」って…)

読書感想文が優秀作品に選ばれた時もそこに写る息子の「顔」にしか興味のない母。

麻水の

「この人は 俺が人殺しでニュースに出ても同じ事を言うんだろうか」

「繊細な人間の側にいるコツは 鈍感になることだと思う」

のシーンは胸が締め付けられました。

麻水が感情表現に乏しく受け身なのはここからきていたんですね。

そんな麻水の昔話を由岐はじっと黙って聞いていました。

麻水が大学時代にお芝居に興味を持ったのも自分の喜怒哀楽を素直に表現できる貴重な場だったからなんですね。

しかし麻水父、妻と子供3人と離れて

自分はイギリスに残るってどんだけ無責任やねん。。

佐久間と山瀬の番外編(onBLUEvol.57)

onBLUEvol.57は佐久間と山瀬の番外編でした。

麻水と由岐が帰省していないため、2人で家飲みする佐久間と山瀬。

佐久間くんいいキャラですよね〜。

素直だし誰とでもナチュラルに接する事ができて相手に警戒心を持たせないので、あの麻水でさえプライベートで唯一よく一緒に飲んだり食べたり出来るというある意味貴重なキャラ。

周りのキャラが個性的過ぎるだけに佐久間くん見てるとなんかホッとします。

芝居が上手いやつ見てるとヤリて〜って思う

と言う山瀬に対し、

じゃあ俺としたいって思ったことある?

と酔った勢いでサラッと質問する佐久間。

佐久間の表情に一瞬ドキッとする山瀬。

しかし佐久間と山瀬がくっつくのか?

まさかこんな展開になるとは!って意外でした。

酔って裸にされた佐久間くん、完全に事後だと勘違いしてるよねぇw

最後は山瀬にしてやられたりな佐久間くんでした。

「25時、赤坂で」19話(onBLUEvol.58)あらすじネタバレ

(19話あらすじ)

麻水が同じ映研の後輩である由岐に初めて出会った頃の話。

周りが外見にしか興味を持ってくれない中、由岐に徐々に興味を持ち始めた麻水は・・・

前半は再び麻水の過去回想です。

大学時代の回想で由岐との出会いの話です。

麻水がどんな風に由岐の存在を知って興味を持っていったのかが描かれていました。

ちなみに由岐が借りた映研の作品の題名が全部宇多田ヒカルの曲だったけど夏野先生好きなのかな?

真夏の通り雨

荒野の狼

花束を君に

など宇多田ヒカルの曲名が並んでいました。

1巻冒頭の由岐の

「羽山さん 演技仕事しないんですか

ありえねぇ どうかしてますね」

のシーンも再び出てきました。

大学時代、周りからチヤホヤされるか一歩引いて見られるかのどちらかだった麻水。

この頃から麻水にとって由岐だけが自分の心に唯一ズバッと入ってくる存在だったのかも。

映研部員同士の演技の感想(アンケート)でも周りが羽山の顔しか褒めない中で由岐だけが“羽山さんの演技が一番好きでした”と書いていたし。

それを読んで嬉しそうな麻水。

由岐のアンケートの上に伏せてウトウトしてしまい、夢の中で由岐と一緒に芝居をする夢を見ます。

後半は由岐が麻水を実家に呼び、白崎家で由岐の家族と麻水が一緒に鍋を囲んで夕食。

由岐のお父さん、麻水の大ファンだったんだねぇ。(初耳な麻水)

自分の息子が麻水と恋人同士だと知ったらびっくらこくだろうな。

由岐に弟がいることも判明しました。

鍋の豆腐を掬う由岐を見て

「あ」

と声を出す麻水に由岐は

「あ、そっか 鍋の豆腐好きでしたよね あげますよ」

と麻水に豆腐をあげる。(たじたじ気味の麻水)

麻水の「あ」の一言ですべてを察する由岐。

このやりとりがもうまるでお互いを知り尽くした熟年夫婦な感じでむふふでした(阿吽の呼吸)。

感情表現がまだまだ下手な麻水の言葉足らずな部分を由岐がちゃんと分かって掬ってくれているという…

そしてそんな2人の様子をポカンとした様子で見ている由岐のお父さんとお母さん。

2人の親しげな様子に「もしかして・・・」って勘付いたのかも?

何も知らなかったあの頃より 今の方がよっぽど居心地が悪い

と感じる麻水。

由岐の影響でもっともっと人間臭くなれるといいね。

「25時、赤坂で」20話(onBLUEvol.59)あらすじネタバレ

(20話あらすじ)

白崎家での夕食後、夜の海へ向かう2人。

由岐への誕生日に麻水が渡したものは…

あの頃 君とこんな恋ができるなんて 思ってもみなかったな

っていう表紙のあおり文好きです。

ホテルで昔の話をする麻水が

元気なかったから

白崎家へご飯に呼んだんだと

麻水に伝える由岐。

麻水が出演するか迷っている

イギリスの映画の原作の小説が

麻水の父親が書いた自伝というのが

ちょっと衝撃的でした。

今後麻水の父親も登場しそうですね。

過去に別れた父親と再会して

麻水の心にどういう影響を

与えるんでしょうかね。

(撮影は2ヶ月くらいとのことで由岐と少し離れ離れになりそう)

しんどい思いはしてほしくないけど 麻水さんがイギリスの映画に出るのを見たい

と言う由岐。

やりたいでしょ麻水さん やってほしい

俺ずっと 麻水さんの芝居が好きなんですよ

と、映画の出演を迷っていた麻水に

またしても由岐からのズバッと一言。

白崎くんがいて

演技が出来ればあとは何でもいい

と悩んでいたのがバカらしくなり

少し吹っ切れた様子の麻水。

そして由岐の誕生日プレゼントに香水を贈ります。

香水大事にしますという由岐に対し、

俺も 白崎くんがうんざりする程大事にするね

とそっとキスする麻水。(香水のことだと勘違いする由岐)

最後は由岐に両手で頬を包まれてとびきりの笑顔になる麻水でした。

しかし夜とはいえ外でこんなにラブラブしてちゃパパラッチにすっぱ抜かれるのも時間の問題かも?

関係がバレて公表、とかありがちな展開もこの2人なら見てみたい(^^)

腐女子たちが歓喜するぞ。

てかファンの腐女子(モブ)にはすでに勘付かれてるしねぇ。

(由岐が麻水と同じマンションに引っ越した時)

マスコミも当然2人を狙ってるはず。

まあその前にまずはイギリス映画かな。

「25時赤坂で」21話~onBLUE60号ネタバレ

海辺からホテルに戻り部屋に入るなり麻水さんから由岐へキス。

行為に及ぼうとする麻水に対し、

コンビニで買った誕生日ケーキを

食べないと、と慌てて麻水を

静止する由岐。

そんな由岐に構わず、

ソファに座ってケーキを手で頬張る

由岐のズボンのベルトを外し、

フェ○を始めてしまう麻水さん。

いやいや、ケーキ食べながらフェ○されるって何プレイって言うんでしょーか(・∀・;

ふいに昔のドラマ「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」のテーマソングが脳内再生されたのは私だけ?S.O.S〜♪(あ、知ってる?深キョンが出てたやつ)

今度からケーキ屋さんでショートケーキ見る度に麻水さんのフェ〇思い出しちゃうよわたしゃ(困)。

何はともあれめちゃくちゃごちそうさまでした♪(・∀・)ペロリ

麻水さん、由岐がイッた後で口端に垂れた由岐の精〇ペロリ。

麻美の「ケーキおいしかった?」は

「(フェ〇)気持ち良かった?」って

聞きたかったんだよねぇ絶対。

久しぶりに由岐の

「信じらんねぇ」

発言聞きました。(しかも2連発w)

1巻で酔った麻水に抱かれた時以来の衝撃だったんだろうねぇ(´ー`)

40ページの内濡れ場が28ページくらいあると夏野先生がツイッターで呟いていましたが、最初から最後までほぼ濡れ場、終始ラブラブな2人でした♪

今までで一番想いが通い合った

幸せそうなセッ〇スで

触れ合う素肌が気持ちよさそう、

キスシーンもたっぷり、

見ているこっちまで満たされました(´ー`)

海にいた時からずっと由岐に触りたくてたまらなかったという麻水。

(我慢ならなかった様子)

濡れ場はもちろん良かったんですが、

最後の麻水のモノローグに感動して

胸に込み上げてきてしまいました・・。

俺が何度も背中を押されたように

きみがこの先 何か心細く思う事があった時

あの香りもそばにあって 少しでも君を強くするものであったら嬉しい

って、由岐の誕生日プレゼントに

香水を送ったのは

麻水のそういう想いがあったんですね。

もちろんそれだけではなく、

麻水の由岐に対する独占欲っていう

意味もあるんだけどね。

(山瀬にはあっさりバレてるw由岐の付けてる香水が明らかに人からもらった感が滲み過ぎてる香りだと)

今回21話で4th seasonは終わりかな?

多分21話までが4巻収録のエピソードだと思われます。

4th season、2人が終始ラブラブなのはとっても嬉しかったんだけど、麻水さんの過去回想編という事もあってか麻水の笑顔がほとんど見れなかったのが残念でした。

1〜2巻の辺りのふっと笑顔を見せたり変顔したりする麻水さんがちょっと恋しい。

次回連載は1回お休みのようなので

22話は「onBLUE vol.62」からかな。

22話からはおそらく麻水のイギリス映画のお話になりそうな感じですね。

由岐と約2か月間、離れ離れで遠距離恋愛になりそうです。

また22話が発売されたら記事書きます。

あ~ショートケーキ最高♪( *´艸`)

「25時、赤坂で」の無料試し読みは

こちらからどうぞ♪→マンガ無料立ち読み

(私も普段利用している電子書籍サイトです(^^♪)

onBLUE11周年記念「25時赤坂で」小冊子(描き下ろしあり)ネタバレ

4巻の内容とは関係ないんですが、

最近onBLUE11周年記念の

「25時、赤坂で」小冊子を読んだので

内容をちょっとだけ紹介します。

内容は全部で15ページくらいなんですが、

全部が描き下ろしではなく

描き下ろしは最後の1ページのみです。

それ以外はコミック3巻の漫画の

ラフ描き(完成途中のもの)が

掲載されていました。

掲載されている内容ですが、

3巻で由岐が三原のいるバーに行き、

そこへ麻水が来て三原の前で麻水が由岐に

キスするシーンのところ。

あともう1シーンは由岐が舞台初日の夜、

麻水の家で麻水とHするシーンでした。

(あれ、白崎くん もしかして出さないでイッちゃった?の辺りね)

そして最後の1ページは描き下ろし漫画です。

部屋で一緒に読書したりスマホ見たりして寛いでいる2人。

ちょっと寒がりの麻水は由岐にくっつくますが、

由岐は暑いので麻水を手で押して離しますw

(くっついたり、手で押したり、お互い押し問答状態)

でも暑い時期はそんな感じの2人だけど、

冬になると由岐も寒いので麻水にくっつかれるのが

ちょうど良く、「冬になると利害一致」する2人でした(´ー`)

麻水さん、テレビ観てる由岐を後ろからギューっとハグしてます。

麻水さんって甘えん坊だよねぇ。

こういうとこやっぱ弟だなって思う。

由岐は下に弟がいるからお兄ちゃんだもんね。

「25時、赤坂で」の無料試し読みは
イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanでどうぞ♪

1巻がまるごと期間限定で無料で読めたり、

毎日お得なクーポンが発行されます。

月に数回ある50%ポイント還元の日は特に買い時。

PayPayポイントも貯まるのでお得です(´ー`)

ポイント還元率で言えばまんが王国もオススメですよ。

25時赤坂でドラマCD2

最近「25時、赤坂で」のドラマCD2を

買って今日聴いたんですが、

ドラマCDにあまり興味のない私でも

正直めっちゃ萌えました(´ー`)

何回もリピートして聴いちゃったよ( *´艸`)

麻水さんと由岐の声がイメージ通りぴったり!

斉藤壮馬さん最高♪

描き下ろし小冊子も含めて

感想ネタバレ記事を書きましたので

興味のある方はこちらからどうぞ♪▼▼

「25時、赤坂で」ドラマCD&小冊子ネタバレ。みゃーちゃんのエロい声みたいでたまらん

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク