アニメ「佐々木と宮野」3話、4話と原作を比較してみた(ネタバレあり)

こんにちわ!さやです。

アニメ「佐々木と宮野」3話と漫画の違いを比較してみました。

アニメ12話以降の原作のネタバレも少しありますので嫌な方は読まないでくださいね。

アニメ3話は、漫画では

2巻の第8話~10話

に当たります。

第8話「先輩は。」

第9話「お返しです。」

第10話「あと1年。」

大体アニメ1話で原作3話分を消化している感じですね。

猫舌とキスのエピソード

冒頭、2人でココアを飲みながら

猫舌の話をするシーンは

セリフは漫画通りでしたが

一部シーンが丸ごとカットされました。

宮野「俺にBL的展開はいりません!」

の後、アニメでは

「あ、先輩 次の漫画なんですけど・・」

という宮野のセリフに続きますが、

漫画では

「BL的展開はいりません!」の後で

「そうだみゃーちゃん この飴いる?」

「ありがとうございます」

・・・・(省略)・・・・

「じゃあ俺からもお返しに わさび飴です」

「それ前になんとも言えない味がするって言ってただろみゃーちゃん!(なんで勧めるの?!)」

という飴のやりとりのシーンがありました。

このシーン結構面白かったんですが

カットされてしまいましたね。

佐々木と小笠原のやりとりのシーンは

アニメと原作で違いはありませんでした。

(小笠原がBL漫画をディスる所)

ちなみにみゃーちゃんの

「さ 佐々木先輩がかっこよくて・・・!」

のアップのシーンを見て思ったんですが、

(このシーンに限らずですが)

アニメより漫画のみゃーちゃんの方が

幼くて丸顔ですね。

アニメ宮野の方は原作と違って

顎の輪郭がシャープなので

最初(1年生)から原作後半の宮野の

雰囲気が入っているなぁと思います。

(原作後半の2年生になった宮野を参考にアニメのキャラデザした?)

漫画の最初(1~2巻)辺りでは

まだ宮野が丸顔で幼くてかわいらしいんですが

巻数を経るごとに徐々に輪郭が

シャープになっていって、

1年生→2年生で徐々に大人びた雰囲気に

変化しているのが分かります。

「佐々木先輩がかっこよくて!」

の暮沢と宮野の下駄箱のシーンですが、

漫画では暮沢が佐々木先輩の話を

長々としていますが

アニメではカットされました。

暮沢「夏のケンカの後さー 先輩とすれ違った事あるんだけど 怪我大丈夫か聞かれてびっくりしてまともに答えられなかった」

宮野「初耳なんだけど・・・先輩記憶力いいのかな」

・・・(略)・・・

暮沢「先輩のファンクラブとかあったら入る?」

宮野「迷う・・・」

・・・(略)・・・

暮沢「佐々木先輩の誕生日っていつ?」

宮野「6月17日だって」

暮沢「先輩の誕生日即答できるのって結構変だよな」

・・・(略)・・・

という2人のやりとりが漫画ではあります。

佐々木ってみゃーちゃん以外に

特に興味がなさそうなので

ケンカの時に一瞬見ただけの

暮沢の顔を覚えていたのは以外だなと

原作読みながら思いました。

(佐々木は友達の友達の名前は知らなくてもいいし別に知りたくもない、というような事をノベル「佐々木と宮野2年生」の中でも書かれてあった)

宮野から佐々木へホワイトデーのお返し

宮野から佐々木先輩へのホワイトデーの

お返しのシーンは原作通りでした。

ホワイトデーのチョコをもらった佐々木が

教室に帰ってしゃがみこみ、

両手で口元を覆うシーンがありますが、

こういった原作で印象的なアップのシーンは

アニメでも所々で忠実に再現されています。

平野先輩の黒髪に興奮する宮野のシーンですが、

佐々木「(髪の毛)黒くしよっか?」

平野「そんな気軽に言えんなら今日染めてこいよ!」

の後、アニメでは小笠原登場シーンになりましたが、

原作では

平野「そういやお前ら成績どうだったの?」

と言いながら平野がみゃーちゃんの頭を

ガシガシしたり、暮沢と成績の話をしています。

そして平野に頭をガシガシされた後、

今度は佐々木が宮野のはねた髪を直しながら

佐々木「後ろもはねてるよ」

というシーンがありました。

小笠原「あいつは俺に他の男とくっついてほしいってずっと思ってたのかよ!」

といいながら平野の両肩に手を置くシーンですが、

漫画では平野ではなく佐々木の両肩に

手を置いています。

そして

佐々木「小笠原・・・彼女にそういう目で見てるか聞けよ 全部想像だろ」

小笠原「怖くてできるか!」

という会話がありますがアニメではカット。

平野が慰労会を持ちかけるシーンですが、

原作では暮沢が「彼女と予定あるんで帰ります」

と言った後、

小笠原「その彼女も腐女子なのか・・・?」

平野「もうだいぶトラウマになってんな」

暮沢「腐女子な部分含めて彼女好きなんで」

小笠原「おお俺だって別にアイツの事嫌ったわけじゃねーし!」

という会話がありましたがカット。

佐々木と宮野が本屋へ行くシーンと、

電車の中で佐々木が宮野に「好き」と

囁くシーンは原作通りでした。

アニメ4話「限界。」の原作比較

アニメ4話「限界。」は、漫画では

2巻の第11話~12話

に当たります。

第11話「大混乱。」

第12話「限界。」

大体アニメ1話で原作3話分を

消化しているんですが、

今回は描き下ろしのエピソードが

加わったのもあり原作2話分でした。

冒頭、OP曲の後、

佐々木と宮野が朝電車で会うシーンは

本編(11話)ではなく、

2巻巻末の描き下ろしのエピソードです。

ところでこの描き下ろしエピソードにも

登場しますが、原作では佐々木と宮野の様子を

こっそり見ている名もなきモブキャラの

腐女子が度々登場してセリフも少しあるんですが、

アニメではセリフはすべてカットされています。

(セリフはないですが、腐女子の姿はアニメでも2人の隣にこそっと描かれたりしています)

腐女子が2人のやりとりに毎回悶えているんですが

気になる人は原作をチェックしてみてくださいね。

電車を降りて2人で歩道橋を歩いている時

宮野の頭に桜の花びらがついていて

それに気づく佐々木のシーンですが、

これは2巻冒頭(8話の前)の
エピソードとして描かれています。

アニメ3話の冒頭は

漫画2巻の巻末や冒頭を

行ったり来たりといった感じですね。

桜の花びらのシーンの後で

ようやく原作11話のエピソードに入ります。

(佐々木と宮野が「黒髪受け」の話をする所からが11話)

宮野→佐々木の壁ドンシーンは原作通りでした。

家に帰ってから宮野が佐々木先輩の事を

考えながら悶えるシーンですが、

妄想の中で宮野が佐々木を押し倒している

シーンは原作よりアニメの方が

ちょっと生々しい感じでしたw

(原作では宮野が佐々木をベッドに押し倒している引きのカットはない(2人それぞれのアップの顔のみ。そしてこのシーンのアニメのアップの宮野は大人っぽくてキラキラ光線も相まって原作よりかなりエロ(色)っぽい)

押し倒しの妄想の後、悶絶した宮野が

「先輩すいません!!!」

と心の中で叫ぶシーンは

原作にはなくアニメオリジナルです。

しかしみゃーちゃん

本棚にあれだけ沢山のBLが

並べてあったら親も

「うちの息子、ゲイなのかしら?」

って思うよねぇ。

漫画7巻でみゃーちゃんが母親に

好きな相手が男(先輩)だと

カミングアウトした時に

母親まったく驚いてなかったけど

前々から察知していたんじゃないだろうか。

(といってもみゃーちゃんはゲイではないけれど)

小笠原が宮野に恋愛(BL)相談するシーンは原作通りでした。

佐々木がみゃーちゃんを後ろから

片手でバックハグするシーンも原作通り。

このシーンは印象的なシーンなので

アニメのカットが原作に忠実でしたね。

原作では佐々木が小笠原を睨みつけるシーンは

佐々木の口元まで描かれていますが、

アニメでは目だけのアップで

佐々木の鋭い目付きが強調されていました。

描き下ろし「平野と後輩のちょっとした話。」

アニメでは描かれていませんが、

漫画2巻には平野と鍵浦のエピソード

「平野と後輩のちょっとした話。」

が9ページ掲載されています。

平野が朝起きて寮の同室の鍵浦を

起こすエピソードです。

朝鍵浦を起こすのが日課の平野。

「ははっ 行ってらっしゃい」

と笑いながら鍵浦を送り出す平野は

さながら新婚の奥さんのよう。

「結婚したい」と呟く鍵浦。

ちなみに巻末にキャラ小設定が載っていますが、

ここで佐々木の誕生日が6月17日生まれのO型なこと、

宮野が2月22日生まれのB型で

父親の身長が188cmである事が

紹介されています。(佐々木よりデカい・・・!)

母親は152cmとの事なので

みゃーちゃんの身長は母親の遺伝ですね~。

(男の子は遺伝子的に母親の体質を受け継ぎやすいので仕方ない)

みゃーちゃんB型っぽくないのでちょっと意外でした。(てっきりA型かO型かと)

佐々木もO型というよりAB型とかA型の方が合ってる感じがします。

ちなみに平野は8月1日生まれのA型です。

佐々木と宮野 2【電子書籍】[ 春園ショウ ]

価格:605円
(2022/5/9 18:19時点)

佐々木と宮野 第2巻 [ 白井悠介 ]

価格:6,776円
(2022/5/9 18:17時点)

https://video-viewing.net/2022/04/29/sasakiandmiyano8/

佐々木と宮野8巻のとらのあな有償特典である小冊子(12p)の物語の内容詳細を紹介します。佐々木先輩とみゃーちゃんのキスシーンもありラブラブな2人♪先輩がクラスメイトに化粧でキスマークを描かれ、それをみたみゃーちゃんが走って逃げだしそれを先輩が追いかけるお話が本編にありましたが、その後のお話です。
 「佐々木と宮野」が巷で流行っているので U-NEXTで1話を観てみたんですが、 ほのぼの学園もので初々しいですねぇ^^...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク