佐々木と宮野とらのあな連動購入特典小冊子あらすじネタバレ(春園ショウ「アートコレクション」他)

こんにちわ!さやです。

娘と映画を見に行った帰りに娘がアニメイトに寄りたいというので寄ったら佐々木と宮野のコミックが沢山並べてありました。(ちなみに娘はストプリ目当て)

「あ、佐々木と宮野だ」

と娘が気づいたので

「佐々木と宮野、読んでみる?」

と1巻を手に取ったら

「いや、いい」

と断られました(布教失敗(´ー`))

小学校高学年なんですがまだ恋愛ものには食指が動かないようで。

あわよくば来年公開の佐々木と宮野の映画を一緒に観に行こうかと思っていたけど無理っぽいので1人で観に行く事になりそうです(残念)。

さて、今日はとらのあなの4か月連続刊行記念(「平野と鍵浦」、「アートコレクション」他)である連動購入特典の小冊子を読んだ感想を書こうと思います。(ネタバレ注意)

登場人物は

・佐々木

・宮野

・暮沢

・小笠原

・小笠原の彼女

です。

ページ数は12P。

7巻39話の佐々木の卒業式の日に風紀室で宮野とキスした後のエピソードです。(佐々木のブレザーをみゃーちゃんの頭に被せて窓際でキスしたやつね)

小笠原の彼女登場

小冊子の冒頭に暮沢、小笠原、小笠原の彼女が2ページだけ出てきます。(3人でBLの話をしている)

7巻39話「卒業。」の回の最後に小笠原と彼女と暮沢3人がおしゃべりしているコマが1コマ描かれていますが、その時のエピソードですね。

BLについては彼女の影響で結構詳しいはずの暮沢が、小笠原彼女のBL知識の豊富さに唖然としてBLの奥深さにしみじみしています。

この小冊子で小笠原の彼女の顔を初めて見たんですが、想像通り気の強そうな釣り目気味の顔立ちでした。

小笠原の彼女って本編では声とか後ろ姿のみが出て来るけど顔はこの小冊子が初登場?かな。

(顔も性格も佐々木の好みのタイプとは完全に真逆をいってそうな感じ)

佐々木の周りの女の子って気が強そうだったりぺちゃくちゃおしゃべりな人しか出てこないね(姉とか大学同期のモブ子たちとか)。

暮沢の彼女みたいに可愛くておしとやかそうな女の子がいないというか、そもそもそういう子と関わる機会がなかったのか(そういう子登場させるとBL的にマズいのか)

でもみゃーちゃんに出会った時は一目惚れしてたっぽいし、「この子だ!」と思った時には突っ走るタイプだと思うけど今までそういう子は現れなかったんだろうねきっと。

じゃあ暮沢の彼女みたいなタイプだったら佐々木は好きになったのか?

とか考えた事があるけどそれもちょっと違う気がして、やっぱり可愛さと男前を兼ね備えた同性の宮野だからこそ好きになったんだろうし、佐々木って見た目の割に案外引っ張られてなんぼなところも持ち合わせているのでいざって時に引っ張ってくれる人が合ってるんだろなと。

(そういや昔職場の後輩で佐々木くらい背の高い男の子がいたんだけど「結婚するなら引っ張ってくれるような子がいい」と言っていて、男でも女に引っ張ってほしいとか思う人がいるんだと思った事がある)

そういえば8巻のあとがきで春園先生が

”小笠原と彼女の痴話げんかに巻き込まれるささみゃーを描きたい”

って言ってたけど、すでに本編(番外編だったっけ)で1度巻き込まれてるのにさらに巻き込まれるのか?(不憫)

私は逆にささみゃーのいちゃラブに当てられる小笠原と彼女を見てみたい(´ー`)

ひょんな事から小笠原と彼女と4人で一緒にご飯を食べる事になったささみゃーがファミレスに行って

みゃ「秀鳴さんどうぞ(←自分で頼んだメニューのおかずを)」

佐々木「ありがと。みゃーちゃんにもあげる、はい」

みたいにめちゃくちゃナチュラルに「あ~ん」のし合いっこして

小笠原「・・・お前ら素でそれなのか?」

って一緒にファミレス来たのを後悔する小笠原見てみたい(´ー`)

うなじと耳へのキスの意味

さて、小冊子の内容に話を戻しますが小冊子の残りのページはすべてささみゃーです。

冒頭でも書きましたが、本編39話の卒業式の日に風紀室で佐々木と宮野がキスした後、帰り際のエピソードです。

キーワードは

「うなじチュー」

「耳へのキス」

「風紀室閉じ込め」

かな。

風紀室を出て鍵を閉めようとしている宮野のうなじに衝動的にキスした佐々木が宮野の照れ顔に我慢ならなくなり、チュッチュチュッチュし始めて終いには風紀室に2人で閉じ込もってしまうというお話。

ちなみにうなじへのキスは

”あなたを守りたい”

という意味があるそうです。

耳へのキスの意味は

”あなたのことが大好きでだれにもとられたくない 独り占めしたい”

だそうです。(佐々木にぴったり)

もっと突っ込んで言うと

”あなたと先に進みたい したい”

という誘惑の意味もあるらしく、耳にキスされたらHする準備をって事らしい(´ー`)

(だから風紀室に閉じ込めたのね~なんて)

キスの意味を知ると何でもない描写がすごくえっちに思えてきます。

9巻購入特典小冊子の麦茶とかもそうだけど描かれているものの意味を知ると途端にえっち度が増すな。

小冊子の表紙はアートコレクションの表紙が使われていて佐々木、宮野、平野、鍵浦の4人が描かれていますが、残念ながらこの小冊子では平野と鍵浦は登場していません。

ちなみに下の画像は小冊子の裏表紙なんですが、小冊子の最後の佐々木の「少しの間でいいから」の没ラフ画との事です。↓

「少しの間でいいから」

と佐々木に言われた時のみゃーちゃんの真っ赤な顔が見たかったので、みゃーちゃんの顔が見えないこのアングルは没にしたそうです。

ちなみに小冊子でのこのコマはお互い向かい合った横顔のアップです。

佐々木がみゃーちゃんにおでこをつけながら「少しの間でいいから」と真っ赤な顔でおねだりしてます。(みゃーちゃんも真っ赤っか)

風紀室に閉じこめた後何したんだろね。(そこ見たかった(´ー`))

こんにちわ!さやです。 「この前お母さんと明屋書店に行った時佐々木と宮野のポスターが貼ってあったよ」 と...
佐々木と宮野8巻のとらのあな有償特典である小冊子(12p)の物語の内容詳細を紹介します。佐々木先輩とみゃーちゃんのキスシーンもありラブラブな2人♪先輩がクラスメイトに化粧でキスマークを描かれ、それをみたみゃーちゃんが走って逃げだしそれを先輩が追いかけるお話が本編にありましたが、その後のお話です。
佐々木と宮野DVD1巻~4巻のブックレットの描き下ろし漫画のネタバレ感想です。ささみゃー糖度高めで最高でした・・。2巻のブックレットではちょっと衝撃的な事実が明かされていました。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク