佐々木と宮野1話「初めて。」アニメと漫画の違いを比較してみた

アニメ「佐々木と宮野」は原作漫画に

ほぼ忠実に制作されていますが、

アニメの放映時間の都合上、

会話がカットされている部分があります。

漫画ではアニメで描かれなかった

佐々木先輩とみゃーちゃんのシーンや

エピソードがあるので、漫画未読の人は

是非読んでみてくださいね。

ちなみに宮野由美役の斉藤壮馬さんは

バナナフィッシュのラオの声を担当した

声優さんなんですよね。

みゃーちゃんとラオ、キャラも声も

あまりにも違い過ぎてびっくりしました(^^;)

ラオ、めっちゃゴツくて声低いやん・・・。

どうやってあのラオの声から

可愛いみゃーちゃんの声が出せるのか不思議です。。

今回はアニメ「佐々木と宮野」の第1話が

漫画とどこが違うのか比較してみました。

漫画「佐々木と宮野」の本編以外のエピソード

まず漫画「佐々木と宮野」の特徴として、

本をめくると、冒頭に本編とは関係ない

エピソードが4コマ漫画的な感じで

1~2p収録されています。

本編とは関係ないというか、

本編のエピソードのどこかの合間の話、

といった感じですね。

ちなみに漫画1巻ではまず冒頭2p。

内容は、宮野のクラスを訪れた佐々木が

「あっ、みゃーちゃん見て見て 飛行機雲だよ」

といいながら宮野の席の左側にある窓を

ガラッと開けます。

宮野の机ごしに、机に右手を付きながら

左手で窓を開けたため、

机に座っている宮野に佐々木の身体が

少し多い被さるような形に。

「わっ わかりましたから」

と少し慌てながら

(なんだこのBLみたいな体制・・・!)

と心の中で思う宮野。

それを見ていた暮沢が

(またやってる・・・彼女に教えとこ)

とスマホで彼女に2人の様子を報告。

ちなみに冒頭以外にも本編と本編の合間に

こういったエピソード漫画がおまけのように

描かれているので、アニメしか見た事ない人は

漫画でチェックしてみてくださいね。

「佐々木と宮野」1話 アニメと漫画の比較

さて、本編のアニメと漫画の比較をします。
冒頭のリンチシーン、

佐々木と宮野の出会いの辺りは

漫画とアニメで大きな違いはありません。

リンチ事件から3か月後、

「みゃーちゃーん おはよ!」

と佐々木が宮野に抱きつくシーンも同じ。

こうやって1巻を振り返ってみると

最初の頃は何のためらいもなくみゃーちゃんに

抱きついていた佐々木先輩が

物語が進むにつれてみゃーちゃんに

気軽に抱きついたりしなくなっていくのが

みゃーちゃんへの思いがどんどん深まっていく

心情が垣間見れるようでいいですね。

さて、冒頭で佐々木が宮野に

抱きつくシーンの話に戻りますが、

漫画では抱きついた後、すぐに放課後の

教室での2人の会話シーンに

移るのですが、アニメではそのまま

下駄箱で会話しています。

(先輩が「受け~?とか、攻め?とか萌え?だっけ?」と尋ねるシーンです)

アニメでは動きや音声が入るので

シーンがいきなり切り替わるより

そのまま下駄箱で話すシーンにした方が

自然だなと思いました。

佐々木先輩とみゃーちゃんの会話でカットされたシーン

放課後、2人で歩道橋を渡って帰るシーン。

佐々木と宮野が炭酸が好きかどうかの

会話をするシーンがありますが、漫画では↓

宮野「先輩は炭酸好きですか?」

佐々木「ああ 俺炭酸そんなに好きじゃないんだよね」

宮野「そうなんですか?なんか意外です」

佐々木「そう?なんか舌が変な感じしてさー 辛いのも同じ理由で苦手だな」

宮野「そう言われたら納得しました」

という2人のやり取りがありますが

アニメではカットされました。

あと佐々木と宮野が朝、電車で初めて遭遇するシーン。

電車の中で2人で料理やお菓子作りの話を

するシーンですが、アニメでは宮野が

不器用で料理が苦手という会話が

まるまるカットされました。

漫画では下記のような2人の会話のやりとりがあります↓

佐々木「みゃーちゃんは料理苦手?」

宮野「・・・調理実習の時包丁使おうとしたら友達に止められました」

佐々木「ぶっは!どんだけ危ない使い方しようとしたの!」

宮野「危ない使い方なんてしてないです!ちょっと切るの時間かかっただけで」

佐々木「あ、なんか今手グーにしてる姿想像した(←きゅうりとか切る時に左手を添える時の事)かわいい」

宮野「そういうのやめてください!」

佐々木「俺も包丁使うの苦手だからこれは一緒だな」

という2人の会話がありました。

佐々木と宮野はアニメ最終回時に

新作アニメの制作が決定していますが、

2期では例のバレンタインのエピソードが

入ると思うので、ここで漫画読者であれば

「あー、みゃーちゃん料理苦手だもんね」

と思い出す事になると思うのですが

アニメでは残念ながらカットされました。

話は料理・お菓子作りの会話シーンに戻りますが、

漫画では佐々木が

「お菓子作んのに包丁はほぼ使わねーしなぁ」

と唐突に言ってお菓子作りをしている事が

判明しますが、アニメでは

「でもお菓子は作るかな~」

と分かりやすい流れのセリフに

変更されていました。

ちなみに佐々木がお菓子作りをしていると聞いて

漫画での宮野は

「お菓子は作ってるんですか?!」

とかなり驚くんですが(ギャップに驚く)、

アニメではさらりと反応していましたね。

電車を降りた後、雷がゴロゴロ鳴って

宮野「今日 天気予報雨でしたよね」

佐々木「雨・・・」

という2人の会話がアニメではありましたが

このシーンは漫画ではありませんでした。

放課後に雨が降り出し、

2人が相合傘をして帰るシーンの

前触れ的な感じで入れたのでしょうね。

佐々木と平野の漫画のセリフもアニメではカット

過去シーンで、平野先輩に用事があり、佐々木のクラスを訪れた宮野。

アニメでは平野が宮野と会話した後、

平野「佐々木 お前全然写してねーじゃん。今日提出なのにお前がノート取ってなかったからだろ」

佐々木「ちげーんだよ・・・はぁ・・・」

という会話で終わりますが、漫画では

平野「あ あとお前宮野にちょっかい出すなよ」

佐々木「・・・」

平野「返事」

佐々木「あー・・・終わんね・・・」

平野「おい。」

という会話がありましたがアニメではカット。

時間の都合上しょうがなかったのだと思いますが、

ちょっかい出すなと平野に言われても

うんと言わない先輩の宮野への興味の度合いとか

今後好意が増していく予感のする会話だったので

ちょっと残念でした。

あと先輩が極甘桃太郎(桃ジュース)を飲むシーン。

みゃーちゃんが桃ジュースを飲んで

先輩に桃ジュースを返した後、

ジュースの飲み口をじっと見つめながら

「・・・まあ いっか」と先輩が呟きますが、

漫画では(その内 意識してくれれば)という

佐々木の心の声があったのですがアニメではカット。

佐々木先輩んちは家族そろってお酒が苦手

佐々木が宮野からもらった洋酒入りチョコレートを食べるシーン。

アニメではカットされましたが、

先輩が水道で口をすすぐシーンの前に

漫画では以下のような先輩と宮野の

セリフがありました。↓

宮野「佐々木先輩ってお酒だめだったんですね なんか意外でした」

佐々木「あーうち家族みんな酒だめなんだよね 遺伝かな。でも平野は酒平気だよ 多分」

宮野「そうなんですか?」

平野「あ?なに?聞いてなかった」

宮野「俺 平野先輩は受けだからお酒弱くて酔ったら攻めに甘えるタイプだと思ってましたけど酒豪な男前受けも良いと思います ありです」

平野「なんの話?(ねーよ)」

こうしてアニメと漫画を比較してみると

漫画よりアニメのみゃーちゃんの方が

さらっとした感じに見えるので、

みゃーちゃんのBL好きな

マニアック的要素な部分は

漫画の方が強めだなぁと思いました。

BLに詳しくない人はみゃーちゃんの

マニアックな好みが理解しづらいと思うのですが

みゃーちゃんのマニアックな部分が知りたい人は

漫画を読んでみてくださいね~。

あと最後に、佐々木が宮野から桃ジュースをもらうシーン。

アニメでは佐々木先輩が

「ありがと」

と言った後、みゃーちゃんが笑顔で

「はい!」と言いますが、漫画では

宮野「あ、はい というかすいませんでした・・・お大事に・・・」

平野「病気じゃねーだろ」

宮野「いや わかってますけど!言い方が思いつかなかったというか!」

佐々木「ぶはっ!」

というセリフがありました。

(このセリフの後に「(佐々木)好きだ」に繋がります)

アニメでは1話のラストに当たるシーンなので

「はい!」でテンポ良く終わらせて

エンディング曲に繋げた感じでしたね。

あと最後にちょっと補足ですが、

アニメではシーンの合間にアクセント的な感じで

猫がちょくちょく登場しますが

これはアニメオリジナルで

漫画には登場しません。

猫をシーンとシーンの合間に挟むことで

シーンの切り替わりや時間の経過を

分かりやすく示す意味が

あるんじゃないかなと思います。

アニメ「佐々木と宮野」1話は漫画では何話に当たるのか

さて、アニメ1話ですが

原作漫画では1巻の第1話~4話までにあたります。

ページ数で言うと78Pまで、

1巻の半分くらいですね。

<漫画各話タイトル>

●第1話:佐々木と宮野。

●第2話:また会えたら。

●第3話:結び目。

●第4話:初めて。

アニメ1話のタイトルは原作4話のタイトルからとられています。

ちなみに漫画第4話の後に

前述した4コマ漫画的なプチ漫画(計2p)が

載っています。

タイトルは「文化祭準備⑤」と「文化祭①」。

「文化祭準備⑤」は

宮野と暮沢、田代が文化祭の女装について

話し合っている漫画2コマ。

宮野「大体メイドの恰好が似合いそうな定義ってなんだよ」

暮沢「う~ん 女顔?とか?」

田代「なんだ、宮野だけじゃん!」

宮野「田代ゆるさない」

とみゃーちゃんが怒るというエピソード。

「文化祭①」は佐々木先輩が文化祭で

エプロンを着ている宮野を見て

佐々木「みゃーちゃんエプロンだ!かわいい」

宮野「!!」「そ そういうのやめてくださいってば・・・(校外に誤解が・・・!)」

と佐々木の口元を手で必死に抑える宮野を

腐女子っぽいモブキャラが

じーっと見つめる、という漫画です。

アニメでカットされたセリフやエピソードを

読みたい方は是非読んでみてくださいね。

こんにちわ!さやです。 アニメ「佐々木と宮野」第2話「好きな子。」と 原作漫画との違いを比較してみました。 アニメ...
佐々木と宮野8巻のとらのあな有償特典である小冊子(12p)の物語の内容詳細を紹介します。佐々木先輩とみゃーちゃんのキスシーンもありラブラブな2人♪先輩がクラスメイトに化粧でキスマークを描かれ、それをみたみゃーちゃんが走って逃げだしそれを先輩が追いかけるお話が本編にありましたが、その後のお話です。
こんにちわ!さやです。 佐々木と付き合い始めてから精神的男前度がメキメキと上がってきているみゃーちゃん(素敵)。 今日は佐々木と...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク